開業後 5年以上の方


サポート案内

サポート案内
step1
step2
step3
step4
step5

  • 返金システムについて
  • 守秘義務について
  • 小野税理士事務所が対応できないこと
  • 弥生会計サポート
  • ご契約までの流れ

サポート案内
経理の仕組み作り

経営に役立つ会計にしていきましょう

領収書・振込用紙・請求書などから会計の流れを聞きとりをしながらつくります。
弥生会計導入~運用までのサポートから経営に必要な会計データをすばやくできる仕組み作りをサポートします。
つまり、貴社独自の会計データと経理の仕組みをご一緒につくりあげていきます。

そのそも何のために帳簿をつけるの?

  • 1.経営状況の変化を読み取るため
  • 2.スタッフの方に経営状況を伝えるため
  • 3.金融機関への説明のため
  • 4.申請納税のため

このページの先頭へ

将来予測サポート
(1)利益予測サポート

4月1日~3月31日事業年度の会社の9月末時点での業績がわかるとします。小野事務所では、4月~9月末の実績に10月~3月の前期データを加えて当期の予測ができるようにサポートします。もちろん、計画値と実績との比較を行いますが、もし、10月以降前期並みで業績が推移すると当期予測がどのようになるか?数字でつかみ、そのうえで行動することができるようにサポートします。


(2)納税予測サポート

利益予測に基づき決算期における納税額を予測します。不意の納税が発生しないようにあらかじめ予測しながら経営をすすめていくことができます。


(3)資金繰り予測サポート

4月1日~3月31日事業年度の会社の9月末時点から利益予測や納税予測をすることにより、例えば、12月末資金残高を予測し資金が不足している場合には、資金の調達に備えることができます。資金に余裕がある場合はどのような使途を選択できるかについて早め早めに資金予測をすることにより、資金繰りに追われないように、そして、余裕が生めるように 手を打てるサポートをしていきます。先を見る経営です。

このページの先頭へ

目標設定と目標達成まで

スタッフの方にわかる採算の目安を伝えることはすごく重要です。スタッフの方に業績が伝わっていることは30名以下の企業ではほとんどありません。目安や基準がわからなければ人は動けません。この採算の目安になる具体的な数値を提示しますのでスタッフの方と共有し目標設定できると目指す企業像が明確になります。

このページの先頭へ

自己資本の長期計画サポート

企業の資金の余裕度を決める大きな要素の1つが自己資本です。しかし、30名以下の企業で自己資本を5年後に〇〇円を目標とすると決めている企業はほとんどありません。将来の資金余裕度を決める大切な指標にかかわらず、目標設定がされていないのはもったいないことです。目標を決めているからこそ資金に〇〇円余裕を生めるのです。そのためのサポートをしていきます。

このページの先頭へ

税法上のリスク管理

企業は発展していくと税務調査が必ずあります。初めてのことは何もわからず不安です。私たちが横に座りそんな不安な気持ちを安心へと導きます。もちろん、事前に無駄な税金が発生しないためのアドバイスをします。普段からその準備をすることが最も節税になりますのでご安心ください!

このページの先頭へ

返金システム

※顧問契約を結んで90日以内は、私たちの業務では満足できないとお申し出の方には解約手続後、全額返金いたします。もちろんご入金いただいた範囲内の金額になります。

このページの先頭へ

守秘義務について

小野事務所では、お客様情報は厳守いたします。例外として、お客様にわかりやすくご説明するうえで、業種別データを開示することがありますが、もちろん、お客様のご了承を得たうえで、第三者が見てわからないように開示させていただきます。

このページの先頭へ

小野事務所が対応できないこと
  • 1. 相続税だけの申告依頼
    現在のお客様企業へのサービスに集中するため外部からの相続税の申告依頼は受けておりません。
  • 2. 税金はとにかく安ければよいという方
    法を逸脱したことはしておりません。もちろん、税金が最も安くなるような節税に取り組んでおります。
  • 3. 会社の業績を粉飾される方
    粉飾はしておりません。企業の実態をその実態にあった大きさで示してくれるのが業績です。したがって、数字を経営に役立てていきます。
  • 4. 小野事務所のエリア外の企業様

このページの先頭へ

セミナー情報
勉強会のご案内


小野孝義税理士事務所
初回の相談は無料です!お気軽にお尋ねください!
お問い合わせ
資料請求

ホームページ制作 福岡